多くなっている廃棄物|産廃の破砕の必要性|粗大ごみの行きつく先

産廃の破砕の必要性|粗大ごみの行きつく先

重機

多くなっている廃棄物

重機

市町村の事業

ごみはどこから排出されたかによって、産業廃棄物と一般廃棄物に分けて処理がされています。産業廃棄物はさいたま市にある建設現場や工場などから、事業活動を行うために排出されてきたゴミです。一般廃棄物は産業廃棄物以外の全部の廃棄物のことで、一般のごみや粗大ごみ、し尿などのことを言います。オフィスや商店から出てくるゴミも、一般廃棄物になります。日本の廃棄物処理法では廃棄物の処理について、国民や事業者、国及び地方公共団体は一定の責務を負うことになっています。さいたま市から出た一般廃棄物についてはさいたま市の責任、産業廃棄物については事業者の責任としていて都道府県には産業廃棄物の管理責任を課しています。一般廃棄物の場合は、基本的には市町村の事業ですが、市町村で処理ができないときは民間の一般廃棄物処理業者が、処理を代行することもあります。

ごみを減量化して埋め立て

一般廃棄物に関係する作業は収集、中間処理、最終処分に分けられています。さいたま市の家庭から出てくるゴミは、さいたま市が中心になってこれらの作業を行っています。最初の作業がごみの収集ですが、さいたま市では地域のごみをいったんためておく中継所を作り、大きな運搬車に積み替えてから処理場に運ぶなどの工夫がされています。現在の段階ではごみは最終的に埋め立てる以外には、処分をする方法がありません。埋め立て場はどうしても必要になってきます。さいたま市では現在ある埋め立て場が少しでも長く使用ができるように、中間処理場でごみを減量化して埋め立てています。燃やせるごみは焼却して、燃えないごみは破砕を行って減量化して、鉄やアルミニウムは資源として回収しています。また、一般廃棄物を収集して処理してくれる専門業者も存在するので、市町村でのサービスと比較して依頼しやすいところにお願いするといいでしょう。